山口県の角島大橋とは?

写真)山口県下関市豊北町神田と離島の角島を 結ぶ橋角島大橋
写真の左側にあるのが鳩島で角島大橋は景観を守るため鳩島を迂回しています。

ココって本当に日本なのと思うほどの絶景
ベストセラー「死ぬまでに行きたい世界の絶景」3位に選ばれたという絶景は角島大橋です。

角島大橋 アクセスと地図(下関からの行き方)

この、美しい角島大橋は
山口県下関市豊北町神田と離島の角島を 結ぶ橋で2000年11月3日に開通しました。

それまでは、本土の下関市豊北町神田と角島は船で行き来していたそうです。

角島大橋の全長は1,780mで
角島と本土の間にある鳩島という島に橋桁を架ける案もあったそうですが
自然景観保護の観点から島を迂回する現在のルートが採用されました。

また、北長門海岸国定公園内に建設する橋として橋脚の高さや周囲の景観に配慮したデザインを採用し
2003年(平成15年)には「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しています。

この角島大橋が架かったことは
本土と角島を道路で結ぶ橋としての機能だけでなくこの角島大橋を取り巻く海の美しさと橋がマッチし素晴らしい景観を演出している事につきます。

そして、この景観はテレビCMが黙っているわけはありません。
テレビのCMでは相次いで自動車メーカーがこの角島大橋をロケ地としてCMに採用しています。

今では押しも押されぬ
山口県下関市の新たな観光名所ともなった角島大橋
ぜひ、観光に訪れたいものですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る